快適な家づくり

「快適な⽣活」
「家」はそれを叶える⼤切な器です。
⽣活を「家」に合わせていませんか︖
使いやすいキッチン
居⼼地のよいリビングルーム
機能的で量も⼗分な収納
⼀⽇の疲れを癒やしてくれるお⾵呂
家族の会話があふれ、⾷事がおいしく⾷べられるダイニング
自然素材を使った⾵景に馴染む外観
・・・
⼦育て中⼼の家
⼤好きな趣味に没頭できる家
退職後の充実した時間を過ごすための終の棲家
2世帯、3世代の⼤家族でにぎやかに住まう家
先祖代々守り続けてきた家
⼩さなショップやカフェを併設した家
・・・
あたりまえのことなのですが、
ご家族の⽣活スタイルや好みの感覚に合わせた、
オリジナルの家をつくれば、
毎⽇の⽣活にストレスがなくなり、
家で過ごすことが楽しくなります。
⼤きな買物ですが、難しいことではありません。
楽しい⽣活を実現するための、楽しい家づくりです。
たくさんの経験を積んだ建築家があなたの家づくりをサポートいたします。
あなたの家への夢を聴かせて下さい。

トカイに近いイナカ

東京ほど大きな大都市ではない、京都、大阪、神戸などでは、
都市に通勤しながら自然あふれる田舎に住むことができます。
市街地でありながら背景には遠く美しい山並みが見え、
澄んだ空気、蛇口をひねれば山からのおいしい水が飲める。
家からの散歩道には自然の土手のある川が流れ、
桜並木や彼岸花が四季折々の風景を見せてくれる。
京都府産の材木をはじめ、自然素材を使って、
そんな里山の風景に溶け込みながら、
快適に暮らせる機能性も兼ね備える家。
それがトカイに近いイナカにふさわしい家のスタイル、「トカイナカスタイルの家」です。

里山と古民家

里山の風景には、大屋根の古民家がとてもよく似合います。
ここ丹波地方の茅葺き屋根の多くは、菱葺きにした鉄板を被せています。
茅葺き屋根は茅の葺き替えに多くの人手と費用がかかるために、もう一部の地域にしか残っていませんが、この菱葺きの屋根もまた美しく、風景に溶けこんでいます。
重厚感のある瓦屋根に比べて、軽く柔らかく大らかに家を覆い、守ってくれているように見えます。
そんな古民家も、住む人がいなくなれば朽ち果ててしまいます。
冬はすきま風で寒い、壁が少なく間取りが使いにくい、トイレやお風呂、キッチンも設備が古くなって使えないなどの欠点は、現代の建築技術を駆使すれば、快適な古民家に再生できます。
新築ではできない、「素朴なのに贅沢な家」を手に入れることが出来るのが、「古民家の再生」です。

コートハウス

プライバシーを守りながら快適な住まいを実現する

まちなかでも快適に暮らせるスマートデザインの家

広い敷地を確保することが難しいまちなかでは、
プライバシーを上手に守ることが大切です。
いくつかの手法によって、都市の中でも快適に暮らせる家づくりが可能です。
敷地の広さに少し余裕があれば、中庭を囲む家、
狭い敷地ならリビングルームを2階に、
さらに小さな敷地は、法規制が許せば3階建ての家にする方法もあります。
家族共有のリビングルームはなるべく大きく、間仕切りは少なく、
それぞれの個室は出来るだけコンパクトにすることが有効です。
敷地が狭くても、街路に対して少しでも開いて、緑を植えるなど、
まちなみに潤いを与える配慮もしたいところです。
コンパクトな家でも工夫の詰まった賢いデザイン、「スマートデザインの家」です。