青井 俊季(あおい としき)

1959 千葉県柏市⽣まれ
1976~1982 東京⼯業⼤学付属⼯業⾼校建築科/千葉⼤学⼯学部建築学科
1982~1995 堀江・阿部総合計画事務所/A+A総合計画事務所
1996~ 千葉県内で青井俊季建築設計事務所を設⽴。16年間、家づくりを中⼼に活動。
2013~ 原発事故を契機に京都へ移転。

⾼校時代から興味を持っていた古⺠家を⼿に⼊れ、⽥舎暮らしを始める。
ご依頼をいただく分野も古⺠家の再⽣やリノベーションに広がり、
「本当に幸せな⽣活と快適な家づくり」をテーマに、新たな拠点で設計活動を続ける。

趣味

街歩き・自然散策・カフェめぐり・音楽鑑賞・犬とのジョギング

社会活動

2000~2006 街づくり市民フォーラムかまがや 代表・世話人
2010 日本工業規格(JIS)原案作成委員
2010 APECアーキテクト・モニタリング委員会審査会審査部会委員
2009~2011 千葉県我孫子市総合計画審議会委員
2010~2011 千葉県建築学生賞協議会審査委員
2011~2013 JIA関東甲信越支部住宅部会にて市民向けセミナー講師を務める
2015~ 京都・丹波/亀岡 市民まちづくり風の会 共同代表

 

東京勤務時代の主な担当作品

  • 千葉テックビル 1993
    千葉市優秀建築賞受賞)
  • 軽井沢のゲストハウス 1987
    (『建築文化』1988年9月号掲載)
  • 大洗リゾート  ヴィラトレディオ 1989
    (『日経アーキテクチュア』
    1989年12月11日号掲載)
  • 高知岡村病院 1994
    (『日経ヘルスケア』1994年5月号
    /『病院建築』107 号掲載)
    岡村病院のホームページ
  • 北鎌倉の家 1985
    (『新建築住宅特集』
    1987年6月号掲載)
  • 東五反田の家 1991
  • ギャラリーアバルト自動車美術館
    1993
  • 古河市庁舎+市民ホール 1987
  • 市ヶ谷の家(リフォーム) 1985