家の手入れ

 

オスモワックスを塗りました。左側が塗った部分。右半分との差が分かるでしょうか。こうしてみると、経年の消耗具合がよく分かります。

こちらはリビングの床です。塗り立ては触ると跡が付いてしまうため、マスキングテープで塗っていないところと、塗ったところの境目に印をつけておき通路を確保しながら少しずつ作業を進めます。間違えて足跡をつけてしまったらこれまでの苦労が水の泡!

反対側も塗り終えました。

家具を移動しながら、端っこを歩きながら、数日掛けてなんとかラストスパートです。取りかかるまでは正直億劫ですが、やり始めるとやはりきれいになっていくのが嬉しくて作業に集中します。ビフォーアフターの差に疲れを忘れそうです。