森林整備

田舎暮らしの必須項目に「地域環境の整備」があります。今日は、共有林の森林整備に行ってきました。普通の草刈り鎌を持っていったら、隣の家のご主人が「そんな鎌では切れんで。わし、二本あるし貸してあげるわ。鉈鎌ちゅうんや。」と親切に貸してくださいました!なるほど、なた鎌!

確かに、蔓や枝がすぱっとよく切れます!仕事がしやすいです!

雪が降る中、たき火で暖を取りながら、作業開始!皆さん、チェーンソーも標準装備。下の方から躊躇無くバンバン木を切っては上へと登って行きます。

初めは「集めるのも燃やすのも大変やし、山裾に集めておいておこう」という話でしたが、ある年配の方がひとりで枝付きの大きな木を引っ張り出して、その上に木をどんどん積んでそりのように引っ張って坂を下りていきました。

こうすれば、重たいものも、長いものも効率よく片付けられるんですね!!これぞ、先人の知恵。昔から、山仕事をされてきて身についたことなのでしょう。人生の先輩はかっこいいです。

太い木も次々に切り出されるので、「薪にするのでもらって良いですか?」と尋ねるといいよとのこと。

初めてお目にかかる方がほとんどでしたが「それ、椎茸のほだ木になるで。燃やしたらもったいない」と教えてくださったり「どうやって持って帰る?切ってもらったらええやん」と言われ、いつの間にか知らない方が自分のチェーンソーで短く切って下さったり、移住者を快く受け入れ面倒見て下さいます。

自転車で来たので、後から取りに来ます、と言っていたら鎌を貸してくれた隣のご主人が「積んでったろさ」と、自転車も薪も積んで家まで送って下さいました!

雪が降り、冷たく寒い作業でしたが親切にして頂いておかげさまで気持ちはほかほか暖まる感謝の1日でした。田舎のつきあいは煩わしい、と思われがちですが積極的に参加することでご縁も広がっていきますね。