桃の節供に

古民家ギャラリーの床の間に、知人から譲り受けたお雛様を飾りました。
いつ頃のものかはわかりませんが、昔のものを大切に受け継いでいく、楽しさと豊かさを感じます。

 

夕方、犬の散歩に出かけたときに自宅の畑にふきのとうを見つけました。

よく見ると土筆、蓬、野蒜もあったので、少しだけ収穫して夕食は野草の天ぷらにしました。
これも「トカイナカ」ならではの贅沢です。

厳しかった冬を越し、今年の春の訪れは特に嬉しいですね。