収穫始まりました。

ようやく、夏野菜が実り始めました。
草取りはするものの、ほぼ、ほったらかしの草むら無農薬無施肥栽培。

ゆっくりな畑で本当に収穫できるのかしら、と心配でしたが少しずつ食卓に彩りを添えてくれるようになりました。
太陽と水と土のおかげさまです。
なんでもそろうスーパーやショッピングモールからは離れたトカイナカ暮らしは不便なこともありますが、
その日に採れたもの、あるもので暮らす、という贅沢をしています。

キュウリは一本ずつ大きくなります。

トマトも赤くなってきました。もう少し待ってみようかな。


トマトの側にはコンパニオンプランツのバジルを植えています。そのおかげか、トマトにアブラムシがつきません。もちろん、トマトとバジルの料理の相性は最高です。


お日様の力で真っ赤になるのを待つばかり。

赤ちゃんキュウリ。ここからあっという間に大きくなります。

青じそも出てきました。もっと増えて欲しいなあ!と思いつつこの大きさで数枚ずつ収穫。夏の食卓には欠かせません。


梅雨の終わりと共に一番初めに収穫できたジャガイモ達。
実は今年植えた覚えがありません。去年の堀り残しが種芋になったようです!


ちびジャガイモと玄関先のローズマリーを素揚げに。シンプルが美味しいです。

採れたてキュウリのみずみずしいこと。

キンカンの花です。ちゃんと実をつけるか楽しみです。

鉢植えのブルーベリーも豊作です。

毎朝少しずつ、完熟を摘みます。時々ですが四季なりイチゴもまだ採れます。